ホーム » 診療科目 » 審美歯科 » 審美補綴(しんびほてつ)

審美補綴(しんびほてつ)

審美補綴治療とは口元を自然な美しさに回復する治療であり、全体的なバランス、歯の大きさ、並び、左右対称性、歯ぐきのラインを整え、自然でさわやかな印象と清潔感を取り戻すことができます。

歯の大きさ、バランス

BEFOREAFTER

短い前歯の長さと形を整えることで、バランスのとれた口元に回復しました。

歯の見え方

BEFOREAFTER

上下の歯の見え方のバランスを回復することで、より美しい笑顔を取り戻しました。

歯の色

BEFOREAFTER

歯の色は、色が絵の具のような真っ白な色であったり色の濃さがバラバラだと違和感が出てしまいます。
変色していた詰め物も他の歯のバランスに合わせて、透明感のある自然なトーンに揃えています。

歯並び

BEFOREAFTER

加齢と歯周病により、見た目と歯並びが損なわれていた為、天然性と清潔感の回復をはかりました。

歯の淵が黒ずんだ歯(ブラックマージン)

BEFOREAFTER

差し歯と歯肉の間にすき間ができて、金属が見えています。
差し歯を取り換えて、メタルフリーセラミックを歯ぐきに合わせて入れ替えました。

BEFOREAFTER

差し歯と歯肉の間にすき間ができて、金属が見えています。
メタルフリーセラミックを入れ替えると同時に、出っ歯気味だった歯並びも整えています。

金属を使わない審美治療

BEFOREAFTER

詰め物に金属を使用せず、セラミックを使用することによって天然性を回復し自分の歯に近い状態で治療しています。

治療後、美しい歯を保つ上で重要なのがメンテナンスです。

治療してきれいになった歯を長期にわたって維持させるには、定期的なチェックやクリーニングをし、早期発見・早期治療をする事が大切になります。

メタルフリー治療について(オールセラミック)

オールセラミックとは、金属を一切使わずすべてにセラミックを使用した治療法です。
審美歯科治療で一般的に使用される材質で、審美性の高い仕上がりを追及できます。

メタルボンドとの比較

オールセラミックとは対照的に、金属を使うのがメタルボンドです。金属のフレームを土台とするため、高い安定性・強度が得られる一方、金属による変色や、人によってはアレルギーなどの問題もあります。歯科医師と相談しながら、症状や場所にあった最適な治療を選択してください。

オールセラミックの利点

金属を使用せず、すべてにセラミックを用いると、以下のような利点が得られます。
・金属アレルギーの方でも治療可能
・生体親和性が高い
・仕上がりが自然で、とてもキレイ
・歯肉に黒ずみができない

歯科一般、口腔外科、小児歯科、訪問診療【旭川インプラントセンター・レーザー治療センター・審美歯科研究所・往診センター】

診療予約・お問い合せ

0166-53-8383

0166-53-0500

医療法人IMA Imamiya Medical Alliance
いまみや歯科医院 〒070-0874 北海道旭川市春光4条9丁目1番1号