ホーム » 診療科目 » 審美歯科 » ホワイトニング

ホワイトニング

ホワイトニング

ホワイトニング剤を歯の表面に塗布し、エナメル質内に入り込んだ着色物質を分解します。これにより、歯本来の色をより白く明るくする方法です。

オフィスホワイトニング

歯科に来院し、当院のスタッフが中濃度の薬剤を塗布し、歯を白くする方法です。即効性があり、1本からでも治療可能で、一度の来院である程度の白さを得られます。短期間でホワイトニングを完了したい方におすすめです。

ホームホワイトニング

専用トレー(薬品を入れるための装着具)をお作りし、ご自宅でホワイトニング剤を入れたトレーを歯に数時間装着することで、歯を白くしていく方法です。低濃度の薬剤を使い、長時間かけてじっくりと白くしていきます。毎日好きな時間に自分のペースで行うことができ、比較的白さが長持ちします。

治療症例

BEFOREAFTER

ホワイトニングを行う前の注意事項

ホワイトニングを行う前に、処置が必要な場合があります。

歯周病によって変色している場合は、処置が必要な場合があります。また、術前に歯石の除去をするクリーニングを行う場合もありますので、まずは、当院にご相談下さい。

ホワイトニング剤は、体に影響を及ぼすことはありません。

ホワイトニング剤は、過酸化尿素または過酸化水素という薬品がベースになっていますので、体に害を及ぼすことはありません。

ホワイトニングの効果が得られにくい場合もあります。
  • 先天的(生まれつき)な着色歯。
  • 神経を抜いた歯。
  • 元の歯の色がまだらになっていたり、斑点状の部分がある時は、均一に白くなりません。
  • 詰め物などの色は変わりませんので、ホワイトニング後の詰め直しをおすすめします。
痛みには個人差があります。

痛みには個人差がありますので、知覚過敏が生じる場合がありますが、1日~数日で治る場合が多いです。術前、術後に痛み止めを服用していただく場合もあります。

ホワイトニング後は、着色性の強い飲食物を控えて下さい。

梅干し、お酢、からし、わさびなどの刺激の強いものやカレーライス、みそラーメン、炭酸飲料やコーヒー、紅茶、お茶類、コーラ、赤ワインなど色素の濃い飲食物、ぶどう、いちごなどの濃い色の野菜などを控えて下さい。

喫煙を控えて下さい。

治療中または治療後の1~2週間は、喫煙を控えてください。また、喫煙が原因で歯が変色した場合は、効果が戻る場合があります。

白さを長持ちさせるためにメンテナンス。

ホワイトニングの効果は永久ではありません。個人差はありますので、定期的なチェックとクリーニングを6か月~1年に一度位の割合で受けていただくことをおすすめします。効果を維持するためには、再度ホワイトニングする事も可能ですので、お気軽に当院にご相談下さい。

治療中の方は、治療後に行っていただくことをおすすめします。

矯正中、虫歯、歯周病などがある方は、治療後にホワイトニングしていただくことをおすすめします。また、ホワイトニングをしたいが歯に亀裂があるという方は、まず当院にご相談下さい。

妊娠・授乳中の方には、おすすめできません。

ホワイトニングのお薬は身体には安全ですが、妊娠・授乳中の方はお控いただく場合があります。

歯科一般、口腔外科、小児歯科、訪問診療【旭川インプラントセンター・レーザー治療センター・審美歯科研究所・往診センター】

診療予約・お問い合せ

0166-53-8383

0166-53-0500

医療法人IMA Imamiya Medical Alliance
いまみや歯科医院 〒070-0874 北海道旭川市春光4条9丁目1番1号