ホーム » 虫歯の治療法

虫歯の治療法

虫歯を〝溶かして取る″カリソルブ治療

『痛くない』 『削らない』 『再発リスクを最小に』


皆さんは虫歯の治療といえばどんなイメージをお持ちでしょうか? 痛い、音が怖い、ガリガリ削られるなどのイメージが多いと思います。

カリソルブ治療はそんなマイナスイメージを変えてしまう新しい虫歯治療です。

カリソルブ治療は虫歯になってしまった部分に、薬剤を塗布して溶かす治療法です。
溶かされた虫歯は手用器具を使って取り除きます。使用する薬剤は虫歯になっている部分にしか作用しないので、今までの治療と違って健康な歯質を削ること無く、最大限残すことができる虫歯の治療法です。
カリソルブ治療に使用する薬剤には「次亜塩素酸ナトリウム」と「アミノ酸」が使われています。
次亜塩素酸ナトリウムは歯科ではよく殺菌のために使われますが、カリソルブ治療では虫歯の部分に作用して溶かします。
アミノ酸は三種類配合されており、健康な歯質への攻撃的な作用を抑える働きをしています。
歯科業界では「ミニマルインターベーション」=『M.I』という概念が広まりつつあります。
これは、「虫歯治療の際に健康な歯の質に対する犠牲を最小限にして歯の寿命を延ばすという成果を出すことを目標にする」という考えです。 「カリソルブ治療法」はまさに『M.I』の概念に沿う治療法であるということで1998年にスウェーデンで導入開始され、日本では2007年に厚生労働省で認可されたばかりの比較的新しい治療法なのです。

治療の流れ

  • ① 次亜塩素酸ナトリウム0.5%と3種類のアミノ酸が主成分の薬剤を虫歯に塗布し、30秒間待ちます。
  • ② 軟らかくなった虫歯部分を先に刃がついていない特殊な手用器具で慎重に取り除いていきます。この作業を何度か繰り返し、完全に虫歯を除去します。
  • ③ 虫歯を完全に除去した後、プラスチックや金属の詰め物をして、治療が完了します。

karisorubu

メリット
  • カリソルブ治療は、従来の削る虫歯治療に比べ、さまざまなメリットがあります。
  • ① 治療時の痛みが少なく麻酔を使わない治療が可能です。そのため麻酔ができない子供や高齢者の方にも有効です。
  • ② 歯の神経を残せる可能性が高い治療です。カリソルブ治療は虫歯になっている部分のみを取り除くことができるので、今まで神経を残すことができなかった深い虫歯でも神経を残せる可能性が高くなります。
  • ③ 歯医者特有の音や振動などによる恐怖感がないので歯科恐怖症の方も安心して静かな治療ができます。
  • ④ 薬剤で柔らかくなるのは虫歯に侵された部分だけなので、健康な歯を最大限残すことができます。
デメリット
  • ① 従来の虫歯治療より1回の治療時間が長くなります。今までの虫歯治療では、ドリルを使って削っていくため、あっという間に虫歯の部分を除去できました。カリソルブ治療は薬剤を虫歯になっている部分にゆっくりと作用させます。
  • ② カリソルブは溶けた歯を除去するために虫歯の穴にアプローチする必要があるため、虫歯の入り口が小さくて中で大きくなっている場合は、器具が届かないため入り口を削って広げないといけません。つまり、歯を削らないといけない場合もあります。
    • 1. 治療時の痛みが少なく無麻酔下での治療が可能
    • 2. 1.に関連して、そのため小児や高齢者、麻酔禁忌の患者に有効である
    • 3. タービンを使用しないため、歯科恐怖症の患者に有効である
    • 4. う蝕のみを選択的に除去でき、歯質の過剰な削除をおさえられる
      過去に考案されたGK101などと比較すると格段に扱いやすく薬剤の使用量も減ったが、まだまだ溶解力に限界があり、う蝕除去にタービンの数倍時間がかかる。

カリソルブとは?
スウェーデンで開発された、虫歯の部分に薬剤を塗り、虫歯だけを溶かして除去する最新の虫歯治療法です。カリソルブは1998年にスウェーデンで開発・認可され、現在では一般的な虫歯治療としてヨーロッパなどを始め、世界各国に普及されてきています。 歯科用材料として安全性が確認されている、次亜塩素酸ナトリウムとアミノ酸を使用した薬剤で、日本の厚生労働省の認可も受けた薬剤を使用した治療方法です。 虫歯以外の健康な歯質はアミノ酸で保護されます。
カリソルブの治療方法は?
カリソルブの治療は、"神経まで達していない虫歯" が治療対象で、麻酔を使用しなくても、ほとんど痛みを感じることが無く虫歯の治療が可能です。 虫歯の状態にもよりますが、薬剤を投入するためのスペースを作るためにドリルを使用する場合がありますが、ほとんどの場合はドリルを使用しません。 虫歯の部分にカリソルブを塗ると、塗った部分の虫歯が溶け軟らかくなります。それを専用の器具で取り除き、詰め物をして治療は終了となります。
キッズソルブとは?
永久歯用に開発されたカリソルブを、乳歯と生えたての軟らかい永久歯用として開発されたものがキッズソルブです。 乳歯や生えたての永久歯は成人の永久歯に比べエナメル質が軟らかいため、乳歯や生えたての永久歯のエナメル質用として専用に薬剤の配合をしています。 カリソルブ同様に世界各国で小児歯科の虫歯治療として普及してきており、日本でも最先端の小児歯科虫歯治療となります。
キッズソルブの安全性は?
カリソルブと同様に、歯科用材料として安全性が確認されている、次亜塩素酸ナトリウムとアミノ酸の薬剤で、乳歯や生えたての永久歯用として新たに開発された薬剤を使用しています。 キッズソルブも、虫歯以外の健康な歯質はアミノ酸で保護されますので、安心して治療を受けて頂けます。


歯科一般、口腔外科、小児歯科、訪問診療【旭川インプラントセンター・レーザー治療センター・審美歯科研究所・往診センター】

診療予約・お問い合せ

0166-53-8383

0166-53-0500

医療法人IMA Imamiya Medical Alliance
いまみや歯科医院 〒070-0874 北海道旭川市春光4条9丁目1番1号