象牙質移植での骨造成 ー歯から骨をつくるー

本日当院にて北海道医療大学 村田 勝 准教授の監修のもと、

『象牙質移植での骨造成の手術』が行われました。

 

 

IMG_5891

 

 

 

 

 

 

 

 

<村田 勝 准教授 と 今宮先生>


 

 

今回行われた手術はご自身の歯(親知らずなど)を抜き、

その歯を専用のマシンで細かくし、

それを従来より骨造成に使われていた人工骨に置換し、使用するというものです。

 

この術式の最大のメリットは『自身の歯であるがゆえ、自身の成長因子が入っている』というところにあります。

 

自身の成長因子が入っているため骨の再生も人工骨だけで行うよりも格段に良くなります。

 

当院では今後、親知らずなどの自身の歯牙を冷凍保存し、

いつかインプラント治療などのため骨造成が必要となった際に、

その歯牙を活用していける『歯のリサイクル』を行っていきます。

 

IMG_5879

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 <歯牙を細かくする専用のマシン> 


  

 IMG_5893 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<ここに氷と歯牙を入れます>


  

IMG_5934

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<抜歯して汚染部を落とした歯牙>


 

 
IMG_5936

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 <歯牙と氷>


 
IMG_5937 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<マシンにセットします>


 

IMG_5949

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

<1分ほど待つとこのように細かい粒子となります>


  

IMG_5990 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<硝酸を希釈したものと生理食塩水で攪拌し

マテリアルとして精製された歯牙>


 

歯科一般、口腔外科、小児歯科、訪問診療【旭川インプラントセンター・レーザー治療センター・審美歯科研究所・往診センター】

診療予約・お問い合せ

診療予約はこちらから0166-53-8383

FAX番号0166-53-0500

医療法人IMA Imamiya Medical Alliance
いまみや歯科医院 〒070-0874 北海道旭川市春光4条9丁目1番1号