ホーム » 診療科目 » 審美歯科 » ノンクラスプデンチャー(バネのない入れ歯)

ノンクラスプデンチャー(バネのない入れ歯)

現在、保険適用の部分入れ歯は、ご自身の歯に銀色のバネがかかるものとなっています。お求めやすく経済的ではありますが、話す時・食べる時・笑う時、銀色のバネがチラッと見えてしまいます。できれば、入れ歯と気付かれにくくしたいものです。

当院では、そのような不快感の軽減に、ノンクラスプデンチャー(バネのない入れ歯)をおすすめしています。

  • スマイルデンチャー
  • コーヌスクローネ

このような入れ歯は、それぞれの口元に合わせてつくる為、自然で快適な上、残った歯の負担も通常のバネに比べて少ないと言われています。
また、ノンクラスプデンチャーはインプラントと組み合わせて使う事ができます。

  • コーヌスクローネ義歯<
  • オーリング義歯
  • マグネット義歯
  • 入れ歯がすぐはずれてしまう
  • 入れ歯が安定しない為、うまく噛めない
  • 入れ歯の調整に通っているが、なかなか良くならない

このような症状がある方には、インプラントを数本入れ、入れ歯の支えとして使用する方法があります。それぞれのお口に合わせて最良の方法をご説明いたします。

歯科一般、口腔外科、小児歯科、訪問診療【旭川インプラントセンター・レーザー治療センター・審美歯科研究所・往診センター】

診療予約・お問い合せ

0166-53-8383

0166-53-0500

医療法人IMA Imamiya Medical Alliance
いまみや歯科医院 〒070-0874 北海道旭川市春光4条9丁目1番1号